伊藤義徳研究室とは

当研究室では,認知行動療法の技術や理論を身につけることと,それに関わる基礎的なメカニズムを明らかにする研究を行うことをめざしています。認知行動理論の中でも,認知理論により重点を置き,人の認知的過程が行動や感情に及ぼす影響について検討しています。

例えば,認知療法の主要技法として認知再構成法があります。ですが,構成概念に過ぎない認知を「再構成」するとは,どういうことなのでしょうか。そうした素朴な疑問を出発点に,「腑に落ちる理解」のメカニズムを実証的に検討したりもしています。

また,近年注目されるマインドフルネスについても研究を行っています。マインドフルネスは,第3世代の認知行動療法と呼ばれる一連の技法の中核を担っています。また,マインドフルネスは,原始仏教における実践の中核を担う概念でもあります。マインドフルネスを真に理解し,役立てていくためにも,仏教の概念であるコンパッション(慈悲)やイクアニミティ(捨),シーラ(戒)などにも注目し,それらの実証的研究に力を注いでいます。

人の智は,理論や知識だけで構成されるのではありません。むしろ大部分は,体験による智に支えられています。当研究室では,勉強だけでなく,実践することも重視ししています。そのため,瞑想会なども行っています。

伊藤研究室には,たくさんの仲間がいます。仲間達と様々な体験をし,議論をたたかわせながら,世界に通じる新たな臨床心理学の創造をめざします。

2015年10月26日月曜日

2015年9月18日~20日 夏研!

 2015年9月18日から20日にかけて,本年度の夏合宿「夏研」を行いました。

今年の会場は,玉城少年自然の家。2日目のお昼まではひたすら発表,討論。そこから一気に遊びモードに転じ,勉強も遊びも全力投球の3日間でした。

 初日の夜は竈でお米を炊き,カレーを作りました。二グループに分かれて味を競いましたが,どちらもとても美味しかったです。

夜はトランプで大貧民大会です。
3つの階級グループがあり,各グループの下位2名は他の階級に移動するダークなルールがあります。だんだん上位階級と下位階級の人格まで変わってきます。
恐ろしいゲームが,3時頃まで続きました。







前日3時まで起きていたにもかかわらず,朝は6時半から歩く瞑想です。
でも,朝日がきれいで,芝生の上をはだしで気持ちよく歩けました。
2日目のお昼からはレクリエーション大会です。

体育館で二つのチームに分かれていくつかの競技で競い合います。

写真は障害物リレーのパン食い競争。

楽しかったですね!




夜は,近くのミーバルビーチで焼き肉パーティです。
レクリエーション大会で負けたチームが焼く係ですが,負けチームの方が楽しそうです。

その後,ビーチで夜遅くまで語り合いました。

翌日は,観光です。
近くの斎場御嶽(せーふぁーうたき)に行きました。

みんな数日連続で3時間睡眠。いい加減頭もおかしくなってきたのか,どうでもいいことも笑いあって楽しかったですね!

さらに,ビーチバレーを楽しみました。

ほんとにみんな,体力ありますね。














今年も,熱く楽しい夏研でした。
いい思い出が出来ましたね。

0 件のコメント:

コメントを投稿